【海外入試2016】土浦日大のWEB出願が9月1日から開始

受験番号と合格掲示板

海外では年内に受験出来る高校が何校かあります。
その代表的な高校のひとつ土浦日大のWEB出願が9月1日から開始されます。
いよいよ今年も入試が始まります。

スポンサーリンク

土浦日本大学高等学校とは

茨城県の土浦市にある日本大学の準付属高校です。
日大系列でありながら、他大学への進学にも力を入れており、実績は素晴らしいと思います。
また、高校では部活を頑張りたいと思っている方は、日大への推薦があるので部活と進学を両立することも可能です。
その場合、日本大学への進学となってしまう可能世が高いですが。

塾の講師をしていたので、ついつい大学進学実績に目がいってしまいます。
校風ですとか、学校生活に関しても気を使っていかないといけないと反省しております。

この土浦日本大学高等学校には、もう一つ大きな特徴があります。
それは、男女とも寮を完備でしているという点です。
それも女子寮は元々企業の女子社員向けの寮だったので、非常に綺麗です。
実際に見学に行った女子生徒が「めっちゃ綺麗だった!」と言っていました。

お子様が1人で帰国しても寮設備がしっかりしているので安心です。

海外受験が出来るのは大きなメリットです

土浦日本大学高等学校は海外受験が出来るので助かります。
それも、海外6都市が会場になっているのが凄いですね。

  • 上海
  • 香港
  • バンコク
  • シンガポール
  • 台北
  • ジャカルタ

アジア圏だけですが、会場になっている都市にお住みの受験生には非常に助かります。
また、受験日が2016年10月29日(土)と早いことも助かります。
例年、受験日の関係から数学に関しては既習範囲までしか出題されません。
(三平方の定理は出題されませんね)

ここで一つ合格を確保しておくと、気持ちが楽になります。

土浦日本大学高等学校を受験する際の注意点

先日書きました帰国入試のデメリットに当てはまります。
もし、土浦日本大学高等学校を第一志望にしていて、進学を希望していましたら注意して下さい。

デメリットの詳しい内容はこちら

海外赴任をされていて、受験生のお子様をお持ちの方は、帰国入試を検討されているのではないでしょうか。帰国入試というと、「一般入試に比べ簡単」という印象がある方...

今年もいよいよ受験が始まろうとしております。
帰国入試だからと安心せず、最後まで必死に取り組むことが大切です。
今まで帰国入試を受験した生徒を何人も見てきましたが、そんなに甘いものではありませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク