【塾選びのポイント】ホームページや広告で見ておくべき箇所

塾の広告

大都市だけではなく、ほぼ全ての街にあるといってもよい進学塾。

中学入試、高校入試、大学入試に向けて塾に通う方も多くいます。

受験に対し、塾に通うことは有効な手段であることは間違いありません。

ただ、通う塾をしっかりと選ばないと効果は激減してしまいます。

お子様にあった塾を探すために、色々と情報収集をすることが大切です。

特に小学生で塾に通おうと思っている方は、中学受験を目標にするのか、学校の勉強のためなのかを事前に考えておく必要があります。

また、塾ではなく家庭教師の方が合っているという方もいると思います。

周りの友達が塾へ通い出して焦ることもあると思いますが、じっくり検討をすることが大切です。

関連記事>>成績の上がる家庭教師選び

スポンサーリンク

塾のホームページや広告に料金の掲載がない理由

最近は大手進学塾だけでなく、個人でやっている塾でもホームページがあるところが多くなっています。

また、新聞の折り込みチラシで塾の広告を目にする機会も多いのではないでしょうか。

塾の折り込みチラシは、夏期講習前、冬期講習前、春期講習前、受験結果発表時期に多くなります。

ホームページを見ると、合格実績や様々な特別講座、最寄りの教室一覧などが記載されていることでしょう。

ここで注意が必要なのは、通常コースの時間割が出ていることはありますが、料金は殆ど出ていないと思います。(最近は出ている塾も増えてきています)

料金が出ていない理由として、1つには「同業他社に知られたくない」ということがあります。

ただ、他社の授業料を調べることは難しくないので、ホームページに記載しない大きな理由にはなりません。

ホームページに通常コースの料金を記載しない理由の2つ目は「直接お客様に問い合わせをしてもらう」ためです。

電話であっても、来訪であっても直接問い合わせをしてもらって、初めて見込み客の獲得が出来たことになります。

お客様の連絡先を聞くことにより、DMや勧誘の電話をすることが可能になります。

大手進学塾では、「初めての問い合わせから何日以内に連絡を入れ」「2回目の連絡は何日後に入れ」等、完全にマニュアルが出来ています。

折り込みチラシの場合も同様で、各講習会の日程は掲載されていますが、料金が掲載されていることは少ないと思います。

これも先ほどと同じ理由で、直接問い合わせをしてもらうためです。

特に折り込みチラシの場合は講習会への参加に誘導するため、社内では広告掲載からクロージングまでの流れがマニュアル化されていることが多いです。

したがって、問い合わせをし、住所や電話番号を伝えた場合は必ず連絡が来ると考えた方がいいです。

ホームページや広告で見るべき箇所

塾選びをする際にホームページや広告のどこを見れば良いと思いますか?

見るべき箇所は、「合格実績・合格率」と「時間割」です。

合格実績・合格率

合格実績は気になると思いますが、大手進学塾の場合、受験学年の生徒数が多いので、合格者数だけを見ても参考にならないことがあります。

合格者のみ掲載しているので、不合格者がどれだけいるかは分かりませんよね。

そこで、合格実績の欄に合格率を掲載している塾は良心的だと思います。

また、数年分の合格実績や合格率が掲載されているホームページや広告を比較することができれば一番良いのですが。

というのも、ホームページや広告に載せる数字というのは、一番見栄えが良いものを選びます。

合格者数が伸びなかった年は合格率にし、合格率が悪かった年は合格者数にするみたいに、調整をしています。

それと、大手進学塾の場合は教室・校舎数が多くあるので、全体の合格者数を見るだけでなく、お通いになる予定の教室・校舎の合格実績を確認しておくことが重要です。

他にもホームページや広告に掲載されている合格実績や合格率は、その塾にとって良いことだけになります。

時間割

では、合格実績や合格率以外にどこを見れば良いのかといいますと、通常コースや講習会の曜日・日程・時間帯に注目することをおすすめします。

既にお子様が習い事をしていたら、特に上記の部分に注目して下さい。

最初に書きました通り、問い合わせをしたら必ず勧誘の連絡が来ます。

予めスケジュールの確認をしておくことにより、無駄な問い合わせをせずに済みます。

問い合わせだけでなく、勧誘の断りをする必要もなくなります。

ホームページや広告を見て、その塾がいいかなと思ったら通常コースや講習会の曜日・日程・時間帯を確認して下さい。

志望校別クラスの有無と場所

小学6年生や中学3年生になると、大手進学塾では志望校別クラスが設置されます。

通常お通いの教室・校舎で実施されるのであれば問題ないですが、多くの場合は拠点教室・校舎での実施となります。

まずはお子様の希望する志望校別クラスがあるのか、あった場合、実施教室・校舎はどこなのかを確認しておくことが大切です。

毎週1回は実施教室・校舎へ通うこととなりますので、通塾時間がかからないことが負担を減らすこととなります。

まだ先のことかもしれませんが、最初に調べておくと後悔をしなくてすむかと思います。

まとめ

ホームページや広告を見て、料金が分からないので問い合わせてみようと思ったら、その前に時間割を見ておくことが大切です。

また、合格実績の裏には不合格者がいることを忘れないで下さい。

塾にとってはその年の実績というだけですが、受験生にとっては人生で1回しかない中学受験・高校受験になります。

実績を出すことを優先している塾も中にはあるんですよね。。。

その辺の見分け方などにつきましても公開していこうと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事>>【塾選び】塾関係者が教えたくない無料体験授業について

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク