【読書】名作ではないですが、子どもに読ませたい本

テキスト

夏休みなどの読書感想文の宿題で推薦される本というのは、子どもにとって面白くないものが多いのではと思います。

私自身、とにかく読書感想文の宿題が嫌だった思い出があります。

名作といわれるものは確かに素晴らしいのですが、自分から読みたいと思ったときに読むのが良いのではないでしょうか。

したがって、読書は名作でなくても構わないと思います。

読みたい本を読ませてあげると、読書が嫌いにはならないでしょう。

また、名作以外でも将来の役に立つような本を読ませてあげるのも良いかと考えます。

今回は、子どもに読ませる本を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

決して読書が嫌いな訳ではないと思います

読書が嫌いと言っている子どもも、本当に読書が嫌いな訳ではないと思います。

嫌いなのは「読みたくない本を読む」ことなのではないでしょうか。

読書が嫌いな子どもは、先生や保護者の方から奨められる本を無理矢理読まされていることが多いと思います。

その代表的なものが、指定図書の読書感想文です。

宿題なのでやらないわけにはいきませんが、決して面白いことではないと思います。

本屋さんへ行ったり、ネットで本を選んだりする際、子どもの好きなものを選ばせることが大切です。

その本が保護者の方からすると大した本ではないと思っても、何も言わず選んだものを買ってあげることで、自分から本を読むようになります。

まずは本を読む習慣を身に付けることが重要です。

指定図書にはならない種類の本

指定図書になるのは名作やその時代の代表作などだと思います。

確かに素晴らしい内容だと思いますし、読むことにより知識も豊富になると思います。

しかし名作であっても、読みたいと思ったときに読む方が間違いなく効果的だと思います。

また、子どもの成長と共に必要となってくる知識としては、他に大切なものが多くあると思います。

男の子の場合、大学を卒業し社会に出ると人付き合いが特に重要になってきます。

会社勤めをする場合、どうしても人付き合いが発生します。

この辺りに関しての勉強といいますか、知識に関しては学校では殆ど教えてくれません。

また、お金に関しての勉強も当たり障りのないものに終始してます。

このあたりの知識を持って社会に出る子どもと、学校の勉強だけをして社会に出る子どもでは大きな差があります。

指定図書になることは絶対にありませんが、1冊面白かった本を紹介したいと思います。

最近読みましたが、なるほどその通りと思う場面が多々あります。

紹介されている中には、子どもにはちょっとと思われる場合もありますが、こういった知識は学校では教えてくれません。

塾でも教えることはないですね(笑)

子どもの性格、成長具合によっては与えない方が良いかもしれません。

時期が来たら読んでみると面白いと思います。

もちろんお父様が読んでも面白いと思います。

まとめ

小学生くらいの子どもの読書というと、「真面目な名作を読むこと」「有名な作品を読むこと」と考えてしまうこともあるかと思います。

読書感想文などで指定があれば仕方ないですが、そうでなければ子どもの好きな本を読ませてあげる方が効果的だと思います。

効果的というのは、「読書好きなる」「知識が増える」といった面でです。

好きなことであれば継続して行い、吸収も早くなるという効果が期待できます。

保護者の方も読書をする際、自分の読みたい本を選んでいるのではないでしょうか。

子どもも同じように読みたい本があると思います。

もし自分で読みたいと思う本がないようでしたら、保護者の方が一緒に探してあげるようにしましょう。

今はネットで色々な本が発売されていますので、きっと読みたいと思う本に巡り会えると思います。

関連記事>>中学受験しない小学生におすすめの本5冊(読書だけではないですよ)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク