【帰国入試】海外赴任が決まったら学校選びと将来の進学を考える

今年も残すところ僅かとなりました。来年から海外赴任が決まっている方もいるのではないでしょうか。引越し準備などやることは沢山ありますが、現地の教育事情を調べておくことも大切です。

せっっかくの海外生活ですので、お子様に英語を学ばせたいと考える保護者の方が多いと思うます。しかし、日本人学校にするのかインター校にするのかで、その後の受験が大きく変わってきます。

人気が決まっていない場合、編入試験を受ける可能性も出てきます。お子様の将来の進学を早目に考えておくことが重要だと思います。

スポンサーリンク

日本人学校かインター校か

まずは日本人学校に通うのか、インター校へ通うのかを決めるところからスタートです。それぞれメリット・デメリットがあるので慎重に決める必要があります。

日本人学校

メリット

  • 日本の学校と同じ教育が受けられる
  • 日本人の友達が出来る
  • 学校の行事などについて日本語で説明を受けられる
  • 授業料について会社の補助が受けられる

デメリット

  • 海外にいても日本と同じ環境になってしまう
  • いじめがあることも
  • 思ったほど英語力がつかない

インター校

メリット

  • 外国人の友達が出来る
  • 英語力がつく
  • 日本とは違った教育を受けることが出来る
  • 帰国入試の際に有利になることがある
  • 学校を選ぶことが出来る

デメリット

  • 授業料が高い(会社補助が適用されないことがある)
  • 英語の授業なので慣れるまでが大変
  • 日本人の友達が出来ない
  • 学校からの説明、質問などが英語となる(保護者の方も)

日本人学校、インター校ともそれぞれメリット・デメリットがあります。赴任先にもよりますが、保護者の方が現地の学校について調べてからお子様に話をするようにしましょう。お子様にどっちに行きたいかを聞いても正直なところ、よく分からないと思います。

まず日本人学校に通い、途中からインター校へ通うお子様は結構います。逆のパターンもなくはないですが、知っている限りでは少数です。どちらに通わせようか悩まれている場合、まずは日本人学校の方が無難だと思います。

>>高校受験で帰国入試のメリットを最大限に利用

赴任先の塾

海外でも中学受験や高校受験を視野に塾へ通う方が殆どです。日本人が少ない都市ですと塾を選ぶことが出来ない場合もあります。その場合、家庭教師という選択肢もあります。まずは、どれくらい塾があるのかを調べてみましょう。

日本の企業が多いバンコクの場合、赴任時期によっては注意が必要です。というのも、タイは4月にソンクラーンというタイ正月があるので、多くの塾が4月1日から15日くらいまで休みとなります。(日本人学校も休み)

赴任してすぐに塾へ通うことが出来ないのと、体験授業を受けることも出来ません。特に中学受験をお考えの場合、4月の学習内容を早目に消化しておくようにしましょう。

赴任前に日本からも問い合わせをしておくと良いでしょう。住む場所もありますので、現地へ行ってみないと分からないことが多々あります。しかし、対応の良さを確認することは出来ると思います。メールで質問をした際の返信までの時間や、文面からも雰囲気が分かると思います。時期によっては、次年度の時間割や授業料などが決まっていないこともあるかもしれません。あくまでも参考程度ですが、少しでも現地の状況が分かれば赴任後の手間が省けます。

今出来ること行って、海外でもお子様に出来るだけ良い学習環境を作ってあげられるようにしたいものです。

編入試験の難しさ

本帰国がちょうど受験の年にならないことも考えられます。その場合、公立の小学校や中学校に戻るのであれば問題はありません。しかし、私立中学校に編入をするというのであれば、対策をしっかりとしておく必要があります。

大抵の私立中学校では、公立の中学校に比べ進度が速いです。例えば中学3年生の4月からの編入を考えている場合、中学2年生の2〜3月くらいに編入試験を受けることになると思います。その時期の編入試験の範囲は中学3年生の単元が普通に出題されます。学校によっては中3内容全てが試験範囲となることもあります。特に英語と数学はしっかりと対策をしておく必要があります。

また、編入試験は具体的な定員が設けられていないことが多いです。したがって、何人合格するか分かりません。そして受験者数も年度によって変わってきます。もちろん高校受験でも年度によって難易度に変化はありますが、編入試験の方が難易度に変化が生じやすいと思います。そのため、高校受験では合格出来ると思われるレベルの生徒であっても、編入試験では不合格となってしまうことがあります。

編入試験を目標とはしますが、もし不合格となってしまっても高校受験でもう一度チャレンジするようにした方が良いと思います。

最後に|海外赴任先の情報収集を

ネットが発達していますので、以前に比べ海外の情報も入手しやすくなっています。現地に赴任する前に学校や塾についての情報収集をしておくことが大切です。

海外赴任となると、引っ越しや様々な手続きで忙しいとは思いますが、お子様の学習環境についてもしっかりと調べておくようにしましょう。現地に行くと更に詳しい情報が手に入ると思いますので、決めるのは現地に行ってからでも遅くはありません。

しかし、将来の進路については日本にいる間に考えておき、進学希望先の学校見学や帰国入試についての資料を貰っておくようにしたいものです。一度海外に行くとなかなか一時帰国する機会がありません。日本でしておくことと、現地に行ってからすることをリストアップし、一つ一つ片付けていくようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク