保護者の方が指導の内容をチェック出来るオンライン家庭教師

オンライン家庭教師

新型コロナウイルスの影響で、休校が続く地域が出てきています。

東京の感染者数を見ていると私も不安になってきております。

無理をせず、まずは新型コロナウイルスが終息してくれることを願うばかりです。

学校がない期間、自宅での学習をどうしたら良いか悩まれている方も多いと思います。

最近はオンラインで出来るサービスが多くあるので、この機会に体験だけでもしてみてはどうでしょうか。

もしかすると、新しい発見があるかもしれません。

スポンサーリンク

オンライン家庭教師のメリット

  • 双方向で進めることが出来る
  • 部屋や飲みものなどの準備がいらない
  • 交通費を払う必要がない
  • どんな指導をしているか保護者の方が確認出来る

動画を見るだけのサービスに比べ、双方向で進めることが出来るオンライン家庭教師。

ただ見ているだけではないので、飽きることが少ないと思います。

オンライン家庭教師ですと、先生が自宅まで来るわけではないので、事前に飲み物やお菓子などを準備しておく必要がありません。(普通の家庭教師でも準備する必要はないのですが)

また、講師の交通費を払う必要もないので、授業料だけですみます。

金銭面だけでなく、他にもオンライン家庭教師のメリットはあります。

講師の側からすると困るのですが、お子様の横でどんな教え方をしているか確認することが可能です。

パソコンやタブレットのカメラに映らない位置で、講師がどんな指導をしているか確認することが出来るので、体験授業を受ける時に見ておくとお子様の感想だけでなく、しっかりと確認することが出来てしまいます。

体験授業をしてみて、実際に申し込んで効果がありそうかを保護者の方が確認することが出来るのが最大のメリットだと思います。




楽しく勉強できる!オンライン家庭教師【e-Live】

オンライン家庭教師の講師側のメリット

オンライン家庭教師の講師側のメリットは、なんと言っても「移動時間がない」ことです。

家庭教師は時給の良いバイト・仕事と思われますが、トータルで考えると収入はそれほど多くなかったりもします。

理由は、生徒の家までの移動時間がかかるため、1日に1〜2人しか指導することが出来なかったりするからです。

普段は学校が終わって帰宅してからの指導となるので、16〜17時くらいからスタートとなります。

1時間の指導が終わって、次の生徒さんの家までの移動時間が1時間かかるとすると、次の授業は19〜20時くらいとなります。

そうすると授業が終わるのが20〜21時となり、その日の指導は終了となります。

しかし、オンライン家庭教師ですと移動時間がないため、1日に3〜4人の指導が可能となります。

したがって、普通に家庭教師をしているよりも多くの収入を得ることが出来るようになります。

また、塾や予備校と掛け持ちをしている先生もオンライン家庭教師の方が時間を有効に使うことが出来ます。

ということは、オンライン家庭教師であってもお子様に合う教え方の上手いプロ講師がいる可能性が十分あると思います。

まずは、体験授業でどんな先生がいるのか確認してみてはいかがでしょうか。




楽しく勉強できる!オンライン家庭教師【e-Live】



その他のオンライン学習

オンライン家庭教師以外にも様々なオンライン学習サービスがあります。

有名なところでは、「スタディサプリ」があります。

授業料の安さは圧倒的なので、まずはお子様に合うかどうか体験をしてみると良いでしょう。

また、ただ見るだけにならないよう、保護者の方が一緒に見てあげたり、終わった後にノートを確認したりと、少しの工夫をするだけで効果がガラッと変わってきます。

他にも以前記事で書いた「スマイルゼミ」もおすすめです。

小学生のお子様はもちろん、中学生にもおすすめです。

詳しくは下の記事が参考になると思います。

関連記事>>「書く」ことが出来、実技4教科まで勉強出来る「スマイルゼミ」

まとめ

休校期間が延長され、学習面で不安を抱かれている保護者の方も多いかと思います。

また、「塾に通うのも不安がある」と思われている方もいらっしゃることでしょう。

昔に比べてオンラインでの学習サービスが格段に進歩しています。

更に自宅でサービスを受けることが出来るので、保護者の方が実際に確認することも可能です。

お子様の性格に合わせ、双方向の授業形式が良いと思えば「楽しく勉強できる!オンライン家庭教師」が良いでしょう。

費用を安く抑えるのであれば、有名な「スタディサプリ」がおすすめです。

また、ただ見るだけでなく実際に書くことが出来る「スマイルゼミ」も漢字や計算の効果は高いと思います。

まずは体験授業の受講や資料請求など、出来ることから始めてみてはどうでしょうか。

今まで知らなかった新しい発見があるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク