【高校受験】国語の長文読解におすすめの市販テキスト

国語長文読解-市販テキスト

国語長文難関徹底攻略30選 (高校入試特訓シリーズ)」という市販のテキストをご存知ですか?

書店においてあるのをあまり見たことがないので、見たことがない人も多いのではないでしょうか。

難関校の入試問題を厳選したテキストで、とてもよく出来ています。

解説がしっかりしているので、1人で難関校向けの勉強をすることが可能なテキストです。

国語の長文読解が苦手な人は、毎日1題ずつ取り組んでいくことをおすすめします。

今回は高校受験における国語の長文読解について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

説明的文章から取り組む

第2章が、説明的文章の単元になっています。

テキストの順番通りにやるのでなく、説明的文章から取り組むことをおすすめいましたします。

説明的文章から取り組む理由は、どのジャンルでも説明文の方が「型」が決まっているので、解き方をマスターしやすいからです。

説明的文章の単元の中でも、ジャンルが分かれています。

国語長文難関徹底攻略30選 (高校入試特訓シリーズ)」に掲載されている説明文は、2つのジャンル構成になっています。

  • 自然科学
  • 人文・社会科学

説明的文章で必ず半分以上の問題が解けるようになると、模試はもちろん、入試でも国語の得点が安定するようになります。

文学的文章も2つのジャンル

第1章が、文学的文章の単元になっています。

文学的文章の単元も説明的文章の単元と同じように、ジャンルが2つに分かれています。

  • 小説
  • 随筆

小説や随筆の場合、「いつ・どこで・誰が・どうした」といったことに注意して読んでみましょう。

そして、その時の人物の気持ちに注意することが大切です。

説明文ほど型は決まっていませんが、注意する箇所を押さえて読めるようになると、問題が解けるようになってきます。

文学的文章の単元に掲載されている文章は、入試によく出題される作家の作品が多いので、ここに掲載されている作家の別の作品を読んでみるのも良いと思います。

融合問題と鑑賞文

「古文」や「俳句」「漢詩」「和歌」も掲載されています。

「俳句」や「漢詩」「和歌」は、あまり入試で出題されることはありませんが、「古文」は出題される可能性が高いので練習をしておくと効果的です。

ただ、問題数が少ないので、古文は同じシリーズの「古文完全攻略63選―入試頻出問題厳選 (高校入試特訓シリーズ)」がおすすめです。

こちらの記事で詳しく書いておりますので、参考にしてみて下さい。

関連記事>>【市販の教材を使用して2ヶ月で古文を苦手分野から得意分野に

古文を得意分野に出来ると、国語の得点が安定してきます。

ぜひ、古文を得意分野にして欲しいと思います。

また、漢字や知識事項(語句の意味・ことわざ・慣用句・熟語の構成・文法など)も国語で安定した得点を取るために重要な分野です。

配点は高くありませんが、確実に正解出来るよう日頃から準備をしておくことをおすすめいましたします。

テキストの構成

各ジャンルごとに「練習問題」と「実線問題」がありますが、特に「練習問題」がおすすめです。

上段に文章があり、下段に問題と「問題の考え方」が載っています。

問題が解けた、解けないに関わらず、「問題の考え方」を熟読することで実力がついていきます。

解説が細かい分、字数が多いですが、しっかりと読むことが大切です。

答えの根拠になる部分を読むと、納得することが出来ると思います。

練習をしていると、段々と一人で答えの根拠になる場所を見つけられるようになっていくと思います。

長文を読んでいて傍線部が出てくると、「前に読んだ場所に似ていることがあったな」とか、傍線部の後を読んでいくうちに、「ここら辺が答えの根拠になりそうだな」といった感覚が出てくるものです。

また、問題や解説とは違いますが、解答用紙が取り外し可能となっているのも、使い勝手がよく便利です。

難関校を受験する人へ

難関校を目指している人は、学校の国語の勉強以外にも長文読解の練習をしておく必要があります。

塾に通っていても、入試問題レベルの練習をするのは、中学3年生の夏くらいからとなります。

その前に、自分で国語の長文読解の練習をしておくと、解き方のコツを早く掴めるようになります。

国語長文難関徹底攻略30選 (高校入試特訓シリーズ)」は解説が詳しいので、1人で勉強する人には最適の市販テキストです。

なかなか書店で見かけないのが難点ですが、ネットで購入することが出来るので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

まとめ

国語の長文読解も練習をすることで、解き方が分かるようになり、安定して得点を稼ぐことが出来るようになります。

特に難関校を目指している人は、レベルに合ったテキストを使って練習をすることが大切です。

簡単なテキストだけをやって、実際の入試問題の過去問にチャレンジすると、そのギャップに驚くことになります。

市販テキストで難関校の国語の長文読解の対策をするのであれば、「国語長文難関徹底攻略30選 (高校入試特訓シリーズ)」がおすすめです。

国語で安定した得点を取れるように、早い段階からコツコツと練習をするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク