お子様に合った塾選びで『オンライン家庭教師』を考えてみる

オンライン家庭教師

4月から新学年での授業にも慣れてきて、塾選びを始めている方も多いのではないでしょうか。

家の近くにお子様に合った塾があれば問題ありませんが、遠くまで通う必要があると、往復の移動時間が勿体無いということもあります。

また、近くの塾に通ってみたが、合わなかったということもあるかもしれません。

そこで、自宅にいながら目的にあった講師を全国から選べる『オンライン家庭教師』について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

全国から講師を選ぶことが出来る

『オンライン家庭教師』の場合、お子様の目標や課題克服に適した講師を全国から選ぶことが出来ます。

したがって、地方にお住まいの方でも、東大や京大に合格した現役の学生講師を選択することが出来ます。

ネットが発達した現代だから出来るサービスだと思います。

昔は、録画されたビデオを見る授業でしたが、現在は自宅にいながら双方向の授業を受けることが可能です。

また、中学受験を目指している人は、プロ講師を選択することも可能です。

お子様の目標や課題に合った講師を選ぶことが出来るは素晴らしいと思います。

教育アドバイザーがいる

家庭教師の場合、カリキュラムが決まっていないこともあります。

その場で、「分からない問題を教える」だけの場合もあるので、受験生の場合は注意が必要です。

また、志望校についての相談も、プロ講師でないと厳しい場合もあります。

その点、『オンラインの家庭教師のワオティーチャー』では、プロの教育アドバイザーが講師と連携して「カリキュラム」「進路指導」のサポートをしてくれるので、助かると思います。

手書きに対応したシステム

最近の技術は素晴らしいと思います。

オンラインの家庭教師のワオティーチャー』のオンライン授業では、「デジタルペン」と「デジタルノート」をしようした「手書き」の授業となっています。

上の画像を見てもらうと分かると思いますが、オンライン式でも「手書き」で勉強をした方が分かりやすいと思います。

一方的に動画を見るだけの勉強方法ではないので、普段サボリがちのお子様でも継続することが出来るのではないでしょうか。

オンライン家庭教師の授業料

気になる『オンライン家庭教師の授業料』ですが、時間数や講師によって変わってきます。

週40分月4回からの授業となっておりますが、週80分月4回や追加受講をすることも可能です。

小学生の費用例(20,466円)から医学部志望の費用例(56,970円)までホームページに出ているので、一度確認をしてみると良いかと思います。

自宅まで来てもらう家庭教師ですと、交通費が発生してくるので、トータル額で比較をする必要があると思います。

保護者の方の負担軽減

普通に塾に通う場合、お子様が小学生のうちは送迎をする必要があったりもします。

また、塾の時間割によっては、塾弁を作る必要があったりもします。

関連記事>>塾で食べるお弁当(塾弁)を見ていて思ったこと

『オンライン家庭教師』であれば、好きな時間を選択することが出来るので、家族で夕飯を食べることが出来たり、仕事帰りに塾にお迎えに行く必要もありません。

『オンライン家庭教師』であれば、お子様にとってだけでなく、保護者の方の負担も軽減されるのではないでしょうか。

「資料請求」と「無料体験授業」

「デジタルペン」と「デジタルノート」を使った『オンライン家庭教師』というサービスを利用したことがある人は少ないと思います。

自宅にいながら、目的に合った講師を選ぶことが出来るので、時間を有効に使うことが出来るのではないかと考えます。

私の説明だけでは分からないことも沢山あると思いますので、一度、『オンラインの家庭教師のワオティーチャー』のホームページを見てみることをおすすめします。

ホームページを見た上で、興味があれば「資料請求」をしてみたり、「無料体験授業」を受講してみて、実際に始めるかを検討してはどうでしょうか。

まとめ

技術の進歩によって、自宅にいながら双方向の授業を受けることが出来るようになっています。

それも「手書き」で授業を受けることが出来るのは、素晴らしいと思います。

もちろん、意志が強く1人で勉強出来るお子様であれば、一方通行のオンライン授業でも問題ないと思います。

しかし、なかなか1人で勉強することが出来ないお子様であれば、『オンラインの家庭教師のワオティーチャー』はおすすめだと思います。

お子様の性格や習い事に合わせて、塾選びをする必要があります。

時間がない方は、一度『オンライン家庭教師』など、自宅で出来る勉強法を調べてみてはどうでしょうか。

あなたに最適なプロ講師・学生講師がいつでもオンライン指導【ワオティーチャー】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク