受験生のスマホ依存は危険

スマホ受験生

知り合いの塾講師に聞いた話です。
受験生になってもスマホを手放せない生徒が多くいるとのこと。
勉強時間確保のためにも、スマホを規制しないといけませんね。

スポンサーリンク

スマホを使って何をしているのか

ガラケーの時代もそうでしたが、男の子はゲーム、女の子は友達との連絡手段に使っていることが多いです。
特に最近はLINEの使用率が高くなっているようです。

友達とのやり取りで「既読」になっているのに返信をしないのは相当失礼な行為らしいです。
子供たちの中にもルールがあるみたいですね。

受験生のスマホ依存の対策として

一番効果的なのは、「スマホを取り上げる」ことで間違いないです。
しかし、一度与えてしまっていると反発はとても大きいと思います。

そこで、与えたままでも効果がある方法を考えないといけません。現在のスマホの契約を見直し、一定量まで使った場合にはネット接続が出来ないようにする方法などを検討するべきです。
Wi-Fiがあると効果はなくなってしまいますが、保護者の目の届かない場所でスマホを使用する機会は減ると思います。
また、毎月のスマホ使用料は格段に安く済みます。

【おすすめプラン】

スマホ使用を制限することが合格への道

最近、スマホアプリで勉強出来るというものもあります。しかし、効果的かといいますと間違いなく違います。お子様がいくら力説してきても、認めてはいけません。

現在の受験に合格するために、スマホアプリがそこまで有用だとは思いません。勉強のために使うスマホという選択肢は今のところありません。したがって、スマホ使用をいかに制限するかが受験合格への道です。

お子様と言い争いをするのは疲れると思いますが、譲ってはいけないことは労力をかけてでも譲らないようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク