【中学受験】昔とは偏差値が違うので、思い込みを捨てましょう

家族

中学受験の偏差値を見ると、昔とレベルが大きく変わっている学校が数多くあります。

保護者の方の時代とはもちろん、祖父母の方の時代とは大きく変わっている可能性があります。

したがって、保護者の方や祖父母の方の思い込みで、学校を判断するのは避けるようにする必要があります。

また、偏差値だけで学校選びをするのも避けた方が無難だと思われます。

今回は、家族で決める志望校選びについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

偏差値が上がってきた学校

私が塾講師になった当時と比べ、大きく偏差値を上げてきた学校に「本郷中」があります。

当時は偏差値50くらいの学校だったと思いますが、今では60くらいに位置しています。

一気に上がったという感じではなく、年々少しずつ偏差値が上がっていき、いつの間にか現在の位置に来ていたといった印象があります。

私が担当していた生徒の保護者の方が、上がり始めた本郷中の説明会に参加し、そのときの感想を教えてくれました。

先生方の対応、および説明に好印象を持ち、第一志望校にしたのを覚えています。

その後の偏差値の上昇を見ると、その保護者の方は先見の明があったのだと思います。

他にも、「広尾学園」なども偏差値を上げてきた学校の一つだと思います。

最近の人気ぶりを見ると、教育方針や情報公開が評価されているのではないでしょうか。

人気が出る→大学合格実績が伸びる→更に人気が出る

上記のような好循環が生まれている学校は、今後も人気が続くと思われます。

昔と比べると

昔は東京でも都立高校の人気が高く、大学進学実績が私立高校よりも良かった時期があります。

その頃のことを知っている祖父母の方や保護者の方からすると、「あの私立校を受験するなんて」と思われることがあるかもしれません。

しかし、当時と今では状況が大きく変わっています。

改めて大学進学実績を比べてみる必要があると思います。

上記のような学校ガイドブックには、大学進学実績が掲載されています。

現在の私立校と公立校の様子が分かると思いますので、一度確認をしてみてはどうでしょうか。

あまりの変わり具合に驚くかもしれません。

私学の魅力

偏差値や大学進学実績について書いてきましたが、私学の魅力は他にもあります。

具体的には、高校受験をする必要がなくなるので、自分の取り組みたいことに多くの時間を割くことが出来る点です。

また、大学の付属校に入学した場合、大学受験をする必要もなくなる可能性があります。

関連記事【中学受験】大学付属校なら高校受験より狙い目なのでは?

そうすると、本当に自分が取り組みたいことに専念することが出来るようにもなります。

専門的な知識を身につけることは、社会に出てからも役に立ちます。

最近では3Dプリンターを完備している学校があったりもしますので、好きな人にとっては最高の環境が私立中学校にはあります。

他にも、進路のことを気にせず、安心して留学をすることが出来たりもします。

更には、日本の高校卒業資格だけなく、カナダの高校卒業資格が取れる学校(文化学園杉並高等学校)もあります。

将来、海外の大学に進学をしたいと考えているお子様にはチャンスが増えると思います。

こういったことは偏差値以上にお子様のためになるのではないでしょうか。

学校選びをする際、何が目的で私学を選ぶのかを、もう一度考えることが大切だと思います。

まとめ

昔と今では私立校の偏差値が大きく変わっています。

当時の印象だけではなく、現在の様子をしっかりと確認することが大切です。

偏差値だけであれば、学校ガイドブックで調べることが出来ますが、実際の様子は行って確認してみる必要があります。

私立校は1年を通して様々なイベントを開催しているので、日程が合えば足を運んでみると良いかと思います。

もちろんイベントではなく、普通に学校見学に行ってみるだけでも良いでしょう。

とにかく、現在の学校の様子をお子様と確認し、6年間その学校に通いたい・通わせたいかを判断することが重要となってきます。

教えて! 校長先生 – 渋谷教育学園はなぜ共学トップになれたのか (中公新書ラクレ)