【中学受験】塾で小学5年生になる時に注意すること

小学5年生になったら注意すること

塾で小学5年生の受験コースの授業が始まるのは2月からです。

今回は小学4年生から塾に通っていて、小学5年生になる方向けの内容となります。

小学5年生から中学受験を始める方は『小学5年生から中学受験の勉強を始める場合のポイント』をご参照下さい。

小学4年生の時と比べ、小学5年生になると変わってくることが多くあります。

事前に注意ポイントを確認しておくことで、焦ることがないようにしたいものです。

本格的な中学受験の勉強が始まる、小学5年生の1年間を上手に過ごすことが中学受験成功の道となります。

スポンサーリンク

受験コースは4教科で

小学4年生で塾の受験コース(4教科)に通っていたお子様は、そのまま4教科で続けるようにしましょう。

首都圏の中学受験は4教科入試が主流となっているので、志望校選びをする時に2教科ですと学校が限られてしまいます。

小学4年生で塾の受験コース(2教科)に通っていたお子様は、小学5年生になる時に4教科に変更することをおすすめします。

授業日が1日増えることで、負担も増えると思いますが、志望校選びをする際に、「4教科にしておけば良かった」と思うことがないよう頑張って欲しいです。

小学5年生の最初からであれば、理科・社会の勉強は間に合います。

このチャンスを逃してしまうと、後で負担が増えてしまうので、ぜひ決断をして欲しいと思います。

もし、どうしても4教科の勉強が辛い場合は、その時にどうするかを考えるようにしましょう。

科目数を減らすことは簡単ですが、増やすことは大変です。

授業料は最初に確認

小学4年生の時に比べ、小学5年生になると授業時間数が長くなると思います。

そのため、小学4年生の受験コースに比べ、毎月の授業料が高くなります。

授業日数・時間数とあわせて、授業料も最初に確認しておくようにしましょう。

また、小学5年生から特別授業が始まる塾もあるので、内容と料金の確認をしておく必要があります。

さらに、春期講習・夏期講習・冬期講習も日数・時間数が長くなると思います。

そうすると、講習会費用も小学4年生の頃に比べて高くなりますので、事前に確認をしておくと良いでしょう。

まだ決まっていません」と言われると思いますので、「参考に昨年の料金を教えて下さい」と伝えてみましょう。

年度によって若干の変化はあるかもしれませんが、大きく変わることはないので参考になると思います。

最初は簡単でも

小学5年生の最初の方の単元は、どの科目も4年生で習った内容の復習になっていることが多いです。

そのため、お子様は「簡単だ!」と思ってしまいがちです。

これは小学5年生から中学受験の勉強をスタートするためでもあるので、安心してはいけません。

塾の授業日数や時間数が伸び、1週間の流れを作り直す必要があるので、簡単な単元のうちに自分のペースを作ってしまいましょう。

具体的には、2月から小学5年生の受験コースが始まるので、2月中、遅くとも春期講習前までには1週間のペースを作る必要があります。

また、小学4年生の頃に勉強した内容で、忘れてしまっていることもあると思います。

せっかくの復習の機会ですので、有効活用出来るようにしたいものです。

小学5年生の2学期が大切

小学5年生の1年間のスケジュールを確認しておきましょう。

1学期の間は、どの科目もそれほど難しい内容が出てこないと思います。

特に社会は地理分野となるので、小学4年生で学習した内容と同じことが出てくることでしょう。

2学期からは、どの科目も難しくなってくるので注意が必要です。

社会は歴史が始まりますので、夏休みの間に歴史漫画を読んでおくと良いでしょう。(【中学受験】歴史の学習は人物から覚え、関連させていくと効率的

また、算数は入試で出題される分野が多く出てくるので、難しく感じるお子様が多くいます。

今まで順調に進んでいた方でも、急に出来なくなってしまうことがあるので注意が必要です。

保護者の方は事前に、「小学5年生の2学期は勉強が大変になる」と理解しておいて下さい。

テストの点数が下がってしまっても、怒ったり焦ったりしないことが大切です。

小学6年生に向けて

小学5年生のうちに志望校を決めておくことをおすすめします。

学校案内を見たり、学校見学に行ったりして、お子様に合う学校を探してみましょう。

関連記事>>【中学受験】2021年度用の学校案内(ガイドブック)4冊の紹介

関連記事>>【中学受験】学校見学で注意しておきたい6つのこと

目標が決まっていると、モチベーションを維持することが出来ます。

小学5年生の頑張りが小学6年生で大きく影響する

小学5年生で頑張っていたお子様は、小学6年生になって一気に伸びてくることがあります。

小学5年生の2学期以降の算数は難しいので苦戦するかもしれませんが、それでも必死に頑張っていると、小学6年生になった時、急に出来るようになったりもします。

テストの結果に一喜一憂することなく、コツコツ努力することが大切です。

また、国語の漢字や知識事項なども、小学5年生で出てきたものをしっかり覚えておくと、6年生になってから苦労することがありません。

暗記分野については、出来るだけ小学5年生のうちに頑張るようにしましょう。

まとめ

小学5年生になると、本格的に中学受験の勉強が始まります。

日数・時間数・内容とも小学4年生の頃とは違ってきます。

しかし、条件はみんな同じです。

さらに、小学5年生から中学受験の勉強を始めるお子様に比べ、1年も長く勉強しているので、最初は相当なリードがあります。

早い段階で1週間のペースを作ってしまい、コツコツ頑張っていくことが重要です。

内容が難しく、躓くこともあるかと思いますが、小学5年生の時の頑張りが受験に大きく影響します。

焦る必要はありませんが、毎日コツコツ進めていくようにして下さい。

中学受験を目指す上で重要な1年となりますので、保護者の方もサポートをしっかりしてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク