【2019年度 中学入試】武蔵野女子学院が共学化|本音を言うと

2019年度入試 共学化

武蔵野女子学院が2019年入試より、共学となります。

学校名も変更の予定です。(仮称:武蔵野大学)

共学になると、人気が出る傾向がありますので、受験生は注意が必要です。

武蔵野女子学院は、併設の高校も2020年から、共学になる予定となっています。

どのような学校になるか、気になるとこです。

スポンサーリンク

武蔵野女子学院の場所

武蔵野女子学院がある場所は、交通の便が良くはありません。

JR三鷹駅からバスで約10分」、「JR武蔵境駅からバスで約7分」、「JR吉祥寺駅からバスで約15分」、「西武新宿線田無駅からバスで約10分」、「西武新宿線東伏見駅からバスで約7分」、「西武池袋線ひばりヶ丘駅からバスで約25分」の場所にあります。

最寄り駅からバスを利用する必要があるので、少々不便を感じるのではないでしょうか。

中学校の教育

ホームページを見ると、「グローバル&サイエンス」がキーワードとのこと。

「グローバル」では、

世の中の多様な価値観を受け人れ、そこに「自分色」を足していく力を。

とあります。

抽象的で、イマイチよく分からないのではないでしょうか。

「世の中の多様な価値観」とありますが、「グローバル」という言葉とどう関係するのか分かりにくいと思ってしまいました。

「サイエンス」では、

客観的なデータを分析し、仮説を立て、それを論理的に検証する力を 。

とあります。

中学校の、どの科目で「客観的なデータを分析し、仮設を立て、それを論理的に検証する」のか気になります。

ホームページを見ただけでは分かりにくいので、学校説明会などに参加して、具体的な教育内容を確認する必要があるのではないかと思います。

資格取得と奨励金制度

武蔵野女子学院には、資格取得に対しての奨励金制度があります。

本校では奨励金対象の資格試験(下表参照)に合格または所定のレベルに達し、申し出があった生徒に奨励金を給付しています。
この制度を使い、多くの生徒が資格試験にチャレンジをして給付を受け取っています。
申請書は事務室にありますので、希望者は申請をしてください。

合格する、もしくは所定のレベルに達する必要がありますが、奨励金を受け取ることが出来るのは、モチベーションアップにつながるのではないでしょうか。

申し出をしないといけないので、手間はかかりますが、利用した方が良いのではと思います。

資格試験は「英語」だけでなく、「簿記検定」や「秘書技能検定」、「色彩検定」、「漢検」などもあるので、確認をするようにしましょう。

まとめ

2019年度入試から共学になる「武蔵野女子学院」について、ホームページを確認してみました。

トップページに大きく「校名変更」と「男女共学」とありました。

中学校の教育内容を確認してみましたが、他の私立中学校と大きな違いは無いように感じました。

それでも共学化により、偏差値がどう変化するのかが気になります。

2019年度入試の偏差値、そして来年入学した生徒の大学進学実績が出る年の偏差値を注視したいと思います。

現在小学6年生の人はもちろん、中学受験を考えている小学4・5年生の人も、偏差値の推移を確認してみてはどうですか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク