小学生のお子様に読んでもらいたい本(ジャンル別)

読書

読書感想文を書く必要がある時にしか、読書をしない人も多いのではないでしょうか。

中学受験を考えている場合、小学6年生になると時間がなくなってきます。

そこで、小学5年生までに出来るだけ沢山を本を読んで欲しいと思います。

本を読むことで、国語の読解問題の文章を早く読めるようになったり、知識が増えるので問題を解きやすくなったりするというメリットがあります。

また、近年増えている記述式の答えを書く時にも役立つと思います。

今回は、小学生のお子様に読んでもらいたい本をジャンル別にいくつか考えてみます。

スポンサーリンク

簡単に読むことが出来る「詩」

意外と見過ごしがちな詩集ですが、普通の物語や説明文に比べると読む時間が短くてすみます。

読書が嫌いなお子様でも、すんなり読むことが出来たりします。

「詩」は短い文章の中に隠された深い意味があるので、ただ読むだけではなく、どんなことが言いたいのか考えてみると良いでしょう。

小学生のお子様でも楽しく読め、勉強になる詩に関連する本をいくつか紹介したいと思います。

  • 1章ごとに1つの詩の解説となっています
  • 小学生でも読みやすいです

  • 環境問題に関するエッセイです
  • 読み聞かせにも適しています

  • 漫画で解説しているので読みやすいです
  • このシリーズは小学生におすすめです

遊び感覚で算数の本を読む

とにかく「算数」が嫌いというお子様も多いのではないでしょうか。

「特に国語は好きだけど算数は嫌い!」といった女の子も多いかと思います。

無理に算数の勉強をさせるのではなく、好きな国語に関連させて算数に取り組んでみてはどうでしょう。

最初は遊び感覚のものでも良いと思います。

  • 立体が苦手なお子様におすすめです
  • 段々と立体図形を自分でかけるようになると思います

  • 中学の数学の準備に適しています
  • 小学6年生におすすめです

眺めても面白い社会・理科の図鑑

社会や理科の図鑑は読み物としても面白いですが、眺めているだけでも十分面白いと思います。

もちろん社会や理科の知識を覚える助けにもなりますが、それ以上にお子様に教科への興味関心を持たせるきっかけになるのではないでしょうか。

なるべく写真や図が多く掲載されている図鑑をリビングの手の届くところに置いておくとよいでしょう。

テレビのCM中などに、さっと手が届くところに置いておくのがおすすめです。

  • 写真が大きくてインパクトがあります
  • 付属のDVDもおすすめです

  • 写真が多いので、理科嫌いのお子様でも楽しいと思います
  • 入試でおさえておきたいポイントなども書かれています

まとめ

最近は読書をしない子どもが多くなっていると聞きます。

確かに「自分から本を読む」というお子様は少ないかもしれません。

しかし、それは何を読んだら良いのか分からないとか、読む本が手元にないといった理由もあるのではないでしょうか。

最初のきっかけを周りの大人が作ってあげると、段々と自分から読書をするようになるではないとかと思います。

また、読書習慣というのはすぐに定着するものではないので、1冊読み終えたらすぐ次の本を読むようにすることをおすすめします。

本から得る知識は入試にも役立ちますが、今後の人生にも役立つと思います。

色々な本を読んで沢山の知識を吸収していきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク