帰国入試についてのまとめ(メリット・デメリットを含む)

帰国入試まとめ

帰国入試と聞くと、真っ先に思いつくのは「一般入試より簡単だろう」ということではなでしょうか。

確かに、一般入試に比べると帰国入試の方が簡単になる学校は多くあります。

中学受験でも、高校受験でも帰国入試を受験出来る資格があれば、利用したいものです。

今回は、帰国入試についての「まとめ(メリット・デメリットを含む)」を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

帰国入試のメリット

帰国入試には、メリットが沢山あるので、活用出来るものは最大限活用していきましょう。

事前に、帰国入試についての情報をしっかりと入手することが大切です。

出願条件などが細かく決まっているので、保護者の方が調べる必要があります。

また、願書の入手なども保護者の方がすることになるでしょう。

面倒な手続きがあったりもしますが、帰国入試にはメリットが沢山あるので、出来るだけ利用するようにしたいものです。

特に、前倒しで受験が出来る学校は、事前に合格を取ることが出来るので、帰国入試のメリットが大きいといえます。

海外に住んでいると帰国入試を考えることがありませんか?帰国入試の場合、情報収集が難しかったりします。最近は帰国入試に力を入れている学...
東京都渋谷区にある青山学院高等部。青山学院高等部も帰国入試で人気の学校です。人気の理由は有名大学付属ということもありますが、...

帰国入試のデメリット

帰国入試にもデメリットがあります。

事前に帰国入試のデメリットについて知っておくことが重要です。

そうでないと、帰国入試を受けた後で、「こんなはずではなかった」と後悔してしまうことがあるかもしれません。

上手に帰国入試を利用し、良い結果が出るようにしたいものです。

海外赴任をされていて、受験生のお子様をお持ちの方は、帰国入試を検討されているのではないでしょうか。帰国入試というと、「一般入試に比べ...

寮がある学校の帰国入試

帰国入試を考えている方の中には、「寮がある学校」を目指しているケースも多いと思います。

寮がある学校の多くは、帰国入試を実施しています。

また、寮がある学校は、海外で受験が出来る「海外入試」を実施していることもあります。

どうしても寮がある学校に通わせる必要がある場合、押さえの学校を必ず受験するようにしましょう。

寮がある学校を東日本・西日本別にまとめてみました。

※寮がある全ての学校ではありません

帰国入試を考える場合、大きな選択肢となるのは寮があるかということではないでしょうか。お子様の受験に合わせて帰国できれば寮は必要ありま...
帰国入試を考える場合、「寮がある」ということが重要になってくる場合があります。お子様の受験に合わせて帰国できれば寮は必要ありませんが...

海外の塾(バンコク編)

海外の場合、日本のように塾が充実していないこともあり、限られた塾の中からお子様に合った塾を探す必要があります。

最近は海外の塾もホームページがあるので、日本にいながら調べることが可能です。

最終的には、実際に現地に行った後で説明を聞きに行く必要があるかと思いますが、赴任先にどんな塾があるかを調べておくと良いでしょう。

以前、タイのバンコクの塾事情を書いてみました。

海外の塾の参考になれば幸いです。

バンコクの日本人学校は世界一の生徒数を誇っています。学校が手狭になっているので、シラチャの日本人学校へ生徒を流すようにしています。 ...
バンコクもそろそろ雨季が終わるのではないでしょうか。ただでさえ渋滞が酷いバンコクで、雨が降った日などは本当に動かなくなります。 ...
国内の塾では大々的に合格実績を発表しているので、塾選びの判断材料になりますよね。バンコクの塾はどうかといいますと、公表している塾が多...

まとめ

今後も帰国入試について新しい記事を書いた際は、このページにリンクを追加していきます。

帰国入試を上手に活用することにより、受験を有利に進めることが出来ます。

ただ、帰国入試には若干のデメリットもあると考えています。

事前にしっかりと情報収集をして、帰国入試のメリットを最大限活用出来るようにして欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ページとスポンサーリンク